かわいい猫ちゃんとふれあえる癒しの時間を満喫【ねこカフェにゃおん】

伊豆高原にある、ねこカフェにゃおんには、なんと30匹以上のたくさんの猫ちゃんがいます。表情や性格もそれぞれですが、遊んでいる姿は愛くるしく、いつまで見ていても飽きないものです。何度も訪れるリピーターも多いねこカフェにゃおん。猫好きの方、ぜひ一度訪れてみて下さい。

愛くるしい猫ちゃんがたくさんいます

おすすめポイント

・一度に多くの猫ちゃんと触れあえます。
・人懐っこい子たちがたくさんいます。
・広く明るく清潔な空間です。ペット臭も少ないとお客様からも好評。
・のんびり、静かに、リラックスできる空間です。
・小さなお子様が初めて猫と触れ合う場としてもオススメ
・猫ちゃんとの写真撮影もOK(ただし、フラッシュはたかずに撮影しましょう)
・鍵付きのロッカーが用意されているので、貴重品等、荷物の保管も万全です。

なお、「ねこカフェにゃおん」のHPを提示すると10%オフになります。

くつろいでいる表情がカワイイ

体験手順

予約は不要です。営業時間内のお好きな時に来店します。
受付をして、猫ちゃんとのふれあいスタート
やさしくなでたり、抱っこしたりして、お楽しみ下さい。
フリードリンクも用意してあるので、気軽に注文できます。
最後にお会計をします。

たくさんの猫ちゃんと触れあえます

フリードリンク付きが嬉しい

ドリンクは以下のメニューが用意されています。ゆったりとくつろぎながら猫ちゃんとのふれあいを楽しんで下さい。

コーヒー(ホット、アイス)
紅茶(ホット、アイス)
ココア(ホット、アイス)
カルピス(ホット、アイス)
はちみつ柚子茶(ホット、アイス)
オレンジジュース
アップルジュース
グレープジュース
コカ・コーラ
サイダー
ウーロン茶
麦茶

 

猫と触れあう時には

ネコちゃんはたいへん臆病で気ままな生き物です
楽しく遊ぶためにはルールを守って、みんなで気持ち良くすごしましょう。

・大きな声は出さないようにしましょう。
・むやみに追いかけ回さないように注意しましょう。
・抱っこは基本的にOKですが嫌がる場合は開放してあげてましょう。
・撮影OKですがフラッシュ撮影は禁止でしす。猫ちゃんを驚かせないように気を付けましょう。
・抱っこしたままの歩き回りはやめましょう。小学生以下のお子様は保護者様の同伴が必要となります
・猫に引っかかれたり噛まれたりして怪我をした場合は応急処置をさしてくれますが、その後は自己責任となりますので、充分注意しましょう。

1匹1匹、性格もさまざま、みんなカワイイですよ

仲良し2ショット

子猫たちもいます

たくさん愛情を注いで可愛がってあげて下さい

周辺観光も一緒に楽しもう

ねこカフェで楽しんだあとは、観光も楽しみましょう。近くには、城ケ崎海岸や大室山といった、伊東を代表するスポットや、周辺には美術館、体験施設もたくさんあります。伊豆高原は桜の名所でもあり、3月下旬から4月にかかえては様々な場所でお花見が楽しめます。

動物好きな方なら、伊豆シャボテン動物公園でもカピバラやリスザル、クジャクなど様々な動物を間近で見たり触れ合ったりできてオススメです。

体験内容詳細
料金/td> 大人 1,080円(1時間)
中高生 860円(1時間)
小学生・幼児 750円(1時間)
3歳未満 無料
延長 10分100円
(フリードリンク付き)
小学生以下のお客様は保護者様の同伴が必要となります
体験所要時間 1時間~
事前予約 予約不要
準備するもの 特にありません
ねこカフェ にゃおん
電話番号 0557-54-5000
住所・地図 〒413-0232 静岡県伊東市八幡野1132-8
営業時間 平日 12:00~20:00
土日祝日 11:00~20:00
最終入店 19:00
定休日 木曜日、臨時休業あり
アクセス 電車:伊豆急行線伊豆高原駅から徒歩約10分
お車:東京方面より:国道135号線ぐらんぱる公園より下田方面へ約2km右手
下田方面より:国道135号線、城ヶ崎海岸入り口交差点を直進200m先左手
駐車場 あり 7台

 

 

関連記事

  1. 電車派に嬉しい城ケ崎海岸駅直結、ガラスアート体験【伊豆ガラスアート城ケ崎体験教室】

  2. 伊豆の海の魅力をダイビングで体感しよう【ルビーナダイバーズ】

  3. 認定ガイドからの案内を聞きながら、伊豆半島を歩いてみよう【伊豆半島ジオガイド協会】

  4. 伊豆の人気ナンバーワンスポットでダイビングを体験しよう!【ダイブヒーリング】

  5. 100本のキャンドルをバッグに素敵なキャンドル制作体験をしよう【庭カフェ】

  6. 日本初のステンドグラス美術館では、ガラス細工の体験もできる【グラスマレライミュージアム】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。