着物や和紙を使ったカワイイ和小物作りにチャレンジ【体験工房すぎやま】

体験工房すぎやまは、伊東市中央町のホテルリーデント伊東1Fにある、和小物の体験制作ができる工房です。伊東駅から徒歩6分程のところにあります。
つるしびなや、押し絵、和紙人形など、女性におすすめの体験です。
曜日によって制作できるものが違うので、事前に確認、予約してから出かけましょう。

日本の伝統文化でもある、本物の着物や和紙を使って、日々の生活を彩る、温かみのある作品ができますよ。

体験のほか、手づくり小物の購入もできます

体験メニュー

押し絵

着物の生地を使って、小さな着物の形をした押し絵を作ります。着物の代りに干支も作れます。
18cmx20cmくらいの大きさに仕上がります。
お部屋に飾ると、ちょっとした和テイスト効いてがアクセントになりますね。

お部屋に飾ったり、プレゼントにしても喜ばれそうです

和紙人形

和紙を折って人形を作ます。自分だけのオリジナル作品を作りましょう。外国人観光客の方にも人気です。

和紙で作るお人形は可愛く温かみがあります

ビーズ絵

ビーズを組み合わせて思い思いの絵を描いていきます。小さなお子様でも楽しめます。

グリーティングカード作り

和紙を使って、グリーティングカードを作ります。大切な人へ思いを綴って渡すと喜ばれそうです。

つるしびな

伊豆稲取地方が発祥とされるつるし飾り。女の子の成長を願って一針一針、心を込めて作られた飾りはとても貴重な文化でもあります。
この体験では、着物の生地を使い、うさぎやフクロウ、さるぼぼ等を作ることができます。

つるしびなを飾るとお部屋が華やかになります

体験手順

事前に体験したいものを選び、電話または、HPから予約をします。
当日は、先生の指導のもと、会話を楽しみながら作品作りを行います。
着物や和紙の感触、色柄を楽しみながら自由な発想で世界に一つだけの作品を作りましょう。
材料や裁縫セットなどは全て準備してあるので、手ぶらで参加できます。
でき上った作品は当日お持ち帰りができます。

押し絵の体験手順

布の表の絵柄を見て、カットした型紙で印をつけていきます。
型紙をとった布を0.5cmの縫いしろをつけてカットします。
型紙に沿って両面テープを貼り、スポンジの面を覆うように布を貼っていきます。
出来上がった着物の裏面に両面テープを貼り和紙を着物の型に貼ります。
和紙に両面テープを貼って色紙に押し絵します。

和紙人形の体験手順

素材を切り出します。
頭と首をつけ、首に襟を巻きます。
着物を首に着せていき、帯を巻きます。
羽織を着せて貼ります。
着物の下側を折りポーズを付けます。
台紙に貼って完成です。

明るい日差しが差し込む工房です

作品の購入もできます

工房内には様々な和小物が並んでいて、購入する事もできます。
時間が無くて体験できない方や、細かい作業は苦手・・・という方でも気軽に工房を訪れてみて下さい。気に入った作品をお土産に購入するのも良いですね。
絵手紙や、オブジェとして飾っても可愛い針山、ストラップ、押し絵のタペストリー、着物をリメイクした洋服、作務衣などもありますよ。

インテリアとして飾ってもキレイな針山

着物をリメイクした作務衣

優しいタッチの絵手紙もあります

また、一角には昔懐かしい足踏みミシンもあり、初めて見たと感激するお客様も多いのだそうです。昔はお母さんやおばあちゃんが裁縫をしていた姿を見ていた、という方にはとても懐かしい思いが蘇ることでしょう。

懐かしい足踏みミシン

日本の伝統文化に触れるひと時を、ぜひ楽しんでみて下さい。

体験内容詳細
料金 体験教室  押絵 2,500円~
体験教室 和紙人形 2,500円~
体験教室 ビーズ絵 1,500円~
体験教室 グリーティングカード作り 1,500円~
体験教室 つるし雛 2,500円~HPからの予約だと、web限定割引があるメニューもあります。
体験所要時間 1時間~2時間
事前予約 事前予約必要 1日前
準備するもの 特になし
体験工房すぎやま
電話番号 080-3530-2041
住所・地図 静岡県伊東市中央町13-39 ホテルリーデント伊東1F
営業時間 10:00~16:00
定休日 日曜日
アクセス JR伊東駅より徒歩6分
駐車場 あり

 

 

関連記事

  1. 温泉街で芸者の着付けと作法を学ぼう【伊東お座敷文化大学】

  2. ファミリーにおすすめ!オールシーズン、シュノーケリング・ダイビングが楽しめます【Keep Smiling !】

  3. 失敗したって大丈夫!白い食器をキャンバスに自由に絵を描こう【青い玉葱】

  4. 名物泥パックで素肌美人になろう!【高原の湯】

  5. 色とりどりのガラスを使った素敵なフュージング体験はいかが?【FLAT CREW】

  6. 色鮮やかなガラスを組み合わせて、ランプやフォトフレームを作ろう【ステンドグラス工房 モンサ】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。