ウミガメ遭遇率ほぼ100%の川奈でダイビング!【JESTER】


伊東駅から車で10分の大自然「ダイビングポイント川奈」

東京から2〜3時間とアクセスが良い川奈。
近いのに自然が沢山残っています。

2012年の7月から住み着いている2頭のウミガメが話題を呼んでいます。
ウミガメが住んでいるのはこの「ビーチ」です!
なんと水深3〜4㍍の浅場にスージーと呼ばれる個体が1匹、
そして沖合にはナオミと呼ばれる個体が1匹、2匹のアオウミガメが住みついています。

それぞれのテリトリーがあり、そこの場所に行けば、ほぼ確実に見られていまるそうです。
運が良ければ、2匹同時に見ることができるかもしれません。
特に確実に会いたいなら朝一(8時30分〜)のエントリーがおすすめです。

ウミガメ遭遇率ほぼ100%!2012年から住み着いている2頭のウミガメ(2018年10月現在)

日本の中での有数のダイビングスポットとして人気の川奈。
初めてダイビングに挑戦してみたい人、ダイビングの回数が少なくまだ不安がある人など、初心者の方でも楽しめるのが「JESTER」の体験ダイビングです。
さらに、海の中をゆっくり潜りたい人、とにかく水中カメラで写真をたくさん取りたい人、川奈のダイナミックな地形をダイビングしてみたい人と、スタイルやニーズに合わせたダイビングができます。

希望ポイントを選んで予約しよう

「JESTER」のダイビングは、川奈エリアのビーチまたはボートポイントを選んでダイビングを行います。
ボートポイントは要予約なので、事前予約を忘れずに!
少人数制のため、ゆっくり潜りたい人も、初心者の人も安心です。
大人数のグループでの参加の場合は、グループを分けるかガイド1名+バックアップ1名の体制でダイビングをします。

無数のイワシの群れに出会えることも

少人数だから初心者にも安心です

体験手順

予約をした日に川奈港に集合します。
車の場合は川奈港に直接集合、電車の場合は川奈駅まで送迎があります。
申込用紙に記入をした後、ダイビングで使用する施設や水域のオリエンテーションを行います。
体験内容や注意事項の説明を受けます。
ダイビングのレンタル器材をセッティングしたら、いよいよダイビングスタート。
海にエントリーし、ダイビングを楽しみます。
1本目終了後、休息及び昼食を取ります。
2本目終了後、沖に上がって器材の洗浄をして終了です。

初心者でもエントリーしやすいので安心!

クラブハウスからビーチへのアクセスも良好

「JESTER」のクラブハウスから、川奈のビーチまではなんと約100mの至近距離。
更衣室もシャワーもすぐ近くに完備しており、準備ができたらすぐにビーチに行けます。
ダイビング後の着替えやシャワーも便利です。
伊東市漁協川奈支所所有の施設も利用できます。

伊東川奈で見れる美しい海!ネンブツダイの群れ

マクロダイバーから上級者までおすすめのダイビング

「JESTER」の体験ダイビングは、少数人数制のため初心者はもちろん、マクロダイバーにもおすすめ。
川奈のビーチにはフォトジェニックな生き物もたくさん住んでいます。
ゆっくり海の中で写真を撮りたい人もぜひ利用してみてください。
さらに、ライセンス取得済みの上級者のためのセルフダイビングコースも設けています。

川奈の海はフォトジェニックな生き物もたくさん「ダンゴウオ」

 

体験内容詳細
料金 体験ダイビング 半日 14,040円 (税込)
1ビーチセルフダイビング  4,104円 (税込)
2ビーチセルフダイビング 6,264円 (税込)
1ビーチガイドパック 9,720円 (税込)
2ビーチガイドパック 12,960円 (税込)
1ボート&1ビーチガイドパック 16,200円 (税込)
体験所要時間 3時間~6時間
事前予約 ・予約必須
準備するもの 水着、タオル

JESTER

JESTER
電話番号 0557-45-7587
住所・地図 静岡県伊東市川奈674
営業時間 9:00~17:00
定休日 年中無休(臨時休業あり)
アクセス 【車】
小田原厚木道路小田原西ICよりR135経由、川奈方面へ1時間
【電車】
JR熱海駅乗換-伊東駅 伊豆急行線川奈駅下車 タクシー5分
※電車でお越しの場合は川奈駅までお迎え
駐車場 無料駐車場有

 

 

関連記事

  1. マンツーマン対応が嬉しい!美しい伊豆の海の風景を楽しもう【GO TO THE SEA 】

  2. 富戸の海で一日体験ダイビングができる【むねダイビングショップ】

  3. ファミリーにおすすめ!オールシーズンシュノーケリング・ダイビングが楽しめます【Keep Smiling !】

  4. 生活に寄り添う陶器を作ってみませんか【ひょうたん窯】

  5. トンボ玉の歴史を学び、オリジナルのトンボ玉作り体験【トンボ玉工芸館】

  6. 純銀粘土で楽しく、ちょっと真面目に宝物づくりをしてみよう【A&M】

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。